お得映画館情報

今日はCinema Gnomoという映画館に行ってきた。
e0080090_7411100.jpg

ミラノでは映画は一回見て以来、行ってなかったんです。
学生にとっては、7〜8ユーロの入場料すら痛い出費だから。
でも今日の映画館はかなりステキな仕組みを持っていた。
① 1年有効のカードを作る(2.6ユーロ)
② そのカードを見せれば、学生であれば1日2.6ユーロで映画を見ることが出来る。
③ 1日というのが重要。この映画館、回毎に違う映画を上映していて、がんばって見れば1日に3〜4本、なかなかステキなセレクションの映画を見ることが出来る。
早稲田松竹のさらにお得バージョンですね。
今日はWim Wendersの「Nick’s Movie」とKim Ki-Dukの「Samaritana」(邦題わかんない)を見た。
どちらも面白かったのですが、一つだけイタリア映画界に聞きたいことが。
「?何で映画館なのにイタリア語吹き替えにしちゃうの??」
韓国映画でイタリア語がぺらぺらしゃべられてるっていうのは、しっくり来ないんですよねえ。
音感の持つ雰囲気ってものがあるんじゃないかな、と思うんですが。
名前 Cinema Gnomo
住所 Via Lanzone 30/A
[PR]
by sorasaec | 2006-01-14 06:44 | art/exhibition


<< 美術館でコンサート! 中庭のある風景 >>