<   2005年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

Venezia Biennnale 02

ビエンナーレ2日目の今日はバポレットに揺られて会場まで向かいました。
朝霧に包まれたベネツィアの風景。
e0080090_20325889.jpg

2つ目の会場、Arsenal会場に到着。
会場に入るといきなり、大きなシャンデリアがお出迎え。
と思って近づいてみると・・・。何で出来ているかわかります??
e0080090_20345690.jpg

今日の目玉は、森万里子の作品を見ることです。
ひときわ目を引く巨大な物体。
中に入って初めてインスタレーションを楽しむことが出来ます。ピンクが私。
e0080090_20353220.jpg

内容についてはこれから見る方も多いと思うので、書くのは控えますが、楽しめました。
ちょっと下世話な話ですが、抜群にお金のかかった作品でした・・・。
名だたる企業がバックについていたりして。Ecconomy of artかな・・・。
[PR]
by sorasaec | 2005-10-30 20:41 | art/exhibition

Venezia Biennnale 01

今日は今回の旅行の最大の目玉、ビエンナーレに行ってきました。
e0080090_20241349.jpg

2つに分かれている会場のうち、一日目は各国のパビリオンが集中するGiardini会場に行ってきました。
が・・・。私はショックを受けました。というのも、あまりに荒廃した雰囲気だったからです。思うに、‘アートの万国博覧会’というコンセプト自体時代遅れなのかもしれません。今は情報があまりに発達していますから・・・。その証拠にどの国のパビリオンもあまり代わり映えのしない印象でした。
その中で、唯一面白かったのが、ドイツ館!一種のインスタレーションアートなのですが、観覧者も半ばむりやりアートに参加させられます。
例えば・・・。突然監視員(↓)に話しかけられる。
e0080090_20262699.jpg

「Ecconomy of artについて2分間ディスカッションして下さい。」
「???は?何で?」
「話せば、チケット代の半分をお返しします。」
「!え、マジ??」
わからないけど、とりあえずEcconomy of artについて話を始める。
パトロン→アーティストという古い関係だけではアートは世に言うeconomyに貢献していることにならないのではないか、等々。。
2分って意外と長い。自分では意識していなかった問題を再認識したり。
「はい、終わり。これがartです。」
みなさん、わかりましたか? 
私は結局お金を受け取りました。
この状況がartであり、これこそart とeconomyの新たな関係なのです。
なるほど〜。
おまけでヴェネツィアの夕景。いい天気でした。
e0080090_20271421.jpg

[PR]
by sorasaec | 2005-10-29 20:24 | art/exhibition

Cimitero di Brion-Vega

昨日に続いて、Carlo Scarpaの作品であるBrion-Vega家の墓地に行ってきました。
これが入口。
e0080090_349117.jpg

建築というよりは光の彫刻といったところでしょうか。外部と内部も建具で自由自在に繋がります。
e0080090_3514699.jpg

メインの墓地には象徴的に水路が配置されています。
e0080090_3523476.jpg

私は偶然自称‘ブリオン家の孫’の管理人と会って、中まで見せてもらうことが出来ました。
かの斎藤裕先生のお世話もしているというので、(証拠写真まで見せられた。)多分本物でしょう。
行かれる方は、憶さずに壁に貼ってある電話番号(彼に直通)に電話した方がいいと思います。
内部空間を見ないと、勿体ないです。
ただこの管理人、英語は全くわからないらしいし、親切だけどイタリア特有のスケベオヤジ。要注意!!
まあそんな下らないことより、作り込まれた空間に神経を集中させるだけの時間というのは、何と贅沢なことでしょう。
時間を買いたいと思いながら突っ走って仕事をしていた頃を懐かしく思い出したりして・・・。
最後に情報を。建築案内にはVeneziaを廻ってTrevisoを経由し、バスを乗り継いで目的地へ、とありますが、Vicenzaで電車をローカル線に乗り換え、Castel Francoで下車。そしてバスに乗る。の方がずっと時間を短縮出来ることを発見しました。
もし行かれる方は、是非参考にして下さい。
[PR]
by sorasaec | 2005-10-28 12:55 | architecture

Piccolo citta 02 Verona 

ヴェローナの街に行ってきました。
ロミオとジュリエット、あとはオペラであまりに有名なこの町はそのためか広場など幾分観光地化されてしまっていますが、それでも川にかこまれた旧市街は十分魅力的と言えます。
e0080090_3193121.jpg

今日の目的は建築関係者なら誰でも知っているかのCarlo ScarpaによるCastel Vecchio美術館と Banca di Verona を見ること。
Castel Vecchioは期待通りの空間で、まさに素材のモザイクによる重ね合わせ。
10年かけて設計されたと聞いて納得・・・。
e0080090_333889.jpg

私は高いところが大好きなので、午後はCastel Vecchioの橋から川を渡り、街を見渡せる丘に登ってきました。夕霧に包まれている様子。
e0080090_336587.jpg

水のある街というのは、やはりいいものです。
[PR]
by sorasaec | 2005-10-27 15:48 | piccolo citta

Piccolo citta 01 Bergamo

e0080090_15301049.jpg

今週は時間があるので、ミラノ近郊の小都市、ベルガモに行ってきました。
目的は、'War is over''la citta che sale'という美術展を見るため。
しかし、都市の魅力を前にすると、この2つの展覧会は無力でした。
というわけで、ベルガモをご紹介します。
ミラノから1時間ほどの距離にあるベルガモは、ミラノとは全く異なる雰囲気を持っています。というのも、15世紀から18世紀の間、ヴェネツィアの支配下にあったから。
街はチッタ・アルタ(旧市街)とチッタ・バッサ(新市街)の2つで構成されています。新市街から旧市街へはフニコラーレを使います。これが中世の世界への入口!
e0080090_15331433.jpg

チッタ・アルタはとても小さく、広場を中心にバルトロメオ・コッレオーニの美しい礼拝堂もあります。
e0080090_15324568.jpg

路地は全て石畳。
e0080090_1534935.jpg

旧市街からさらにフニコラーレを使うと、街を一望出来るパノラマが広がります。
e0080090_1536159.jpg

ここでは、路地を歩きまわったり、ショーウィンドーを眺めたりするのがお勧めです。狭い町なので、道に迷ってもすぐにもとに戻ってこれます。
疲れたらヴェッキア広場のバールで一休み。広場にいるだけで、ぜいたくな気分になれます!
ベルガモは、北イタリアの中で最も美しい都市の一つだそうです。
[PR]
by sorasaec | 2005-10-26 16:29 | piccolo citta

Casa di Milanese 02 scluttura

ミラノのおうちシリーズ第2弾。今日は知り合いの彫刻家宅にお邪魔しました。
それにしても、こちらの人の家はハズレが無いというかなんというか。
壁一面に絵が飾られてました。オシャレ!
e0080090_15213596.jpg

奥様は日本人なので、日本の造形にも興味があるとかで、日本のタンスにアートをコーディネートしてました。
配置は全てダンナ様のこだわりとか。
e0080090_15241251.jpg

でもそれより何より、今日は久々に湯豆腐を食べられたことがうれしかった・・・。
そろそろ日本食の恋しくなる時期です。
[PR]
by sorasaec | 2005-10-24 15:23 | casa di milanese

Milanocontemporanea

またまた見逃していたのですが、ミラノでは先週末からMilanocontemporanea
という催しがされてます。
現代美術ウイークみたいなものでしょうか。
街ではこんな冊子が配られてます。
e0080090_1513680.jpg

中にはアートイベント情報が盛りだくさん!
ただで見られるジャズライブなんかもあったみたいです。時すでに遅し。残念〜。
まだやってたイベントの中から良かったものをひとつ。ギャラリーの入り口。
e0080090_15131553.jpg

Tancredi Manganoという人の写真です。
木々の写真が静かに並べられてます。
e0080090_15175539.jpg

一口に緑と言っても色んな色があるんですね〜。
緑は自由に重なり合うから、無限に変化するわけですが、この一瞬を切り取るセンスはやっぱりフォトグラファーならではなのでしょうか。
都会にいて、癒されるひとときでした。
e0080090_15191254.jpg

[PR]
by sorasaec | 2005-10-23 15:12 | art/exhibition

Solari

今日は最近ミラノで注目のエリア、Sorali地区に行ってきました。
地下鉄の緑の線でs.agostinoもしくはp.genovaで降りてすぐ。
東京で言うと目黒通り界隈みたいな感じです。
家具屋さんとか雑貨屋さん、おしゃれなレストランとかもあります。
Café savona とうカフェでランチしました。味は置いておいて、雰囲気がいい。
後ろのフレスコ画は1階の天井から地下1階の床まで続いてます。
もちろんhand painting!
e0080090_453479.jpg

色々お店はありますが、私の一押しはここ!
トラスというお店です。
e0080090_4582020.jpg

アーティストの一点物も多いので少々お高めですが、
ここでしか見れないモノに出会えること必須です。
[PR]
by sorasaec | 2005-10-22 04:59 | gourmet/shop

Calcio

アートでも何でも無いんですが。
今日はサンシーロスタジアムでサッカーを見てきました。
中に入るとこんな感じ。暗くてわかりにくいですが・・・。
スロープで覆われてます。
e0080090_7321663.jpg

チャンピオンズリーグ?とかでACミラン対オランダPSVというところでした。
人気が無いからかチケットは一番安い席でたったの11ユーロ!
コートはこんな感じに見えます。
e0080090_7343186.jpg

オランダ側の応援席はガラガラ。ミランはいっぱいなのに!
日本でサッカーの知識を叩き込まれたので、それなりに楽しめました。
さて、ミラノのサッカーに興味のある人もいると思うので、チケットの買い方をご紹介します。
ネットで買うと高くつきます。試合場近くのチケット屋さんも同じ。
いいカードのチケットが欲しい場合は、地下鉄2号線Porta Genovaから徒歩、もしくはトラムに乗って24 Maggio広場というところにあるmilan pointというお店で買います。
早めに目を付けておけば大抵のカードは買えるらしいし、定価なので安いということです。
サッカー好きの方は、是非トライしてみてください!
[PR]
by sorasaec | 2005-10-21 20:24

ブルガリホテル

今日は遊びに来てくれてたhaの最終日。
ということで、ミラノでキメキメファッションの人が集まるというウワサのブルガリホテルに行ってきました。
外観はこんな感じ。ちょっと奥まった場所にあります。
e0080090_2044016.jpg

エントランスを抜けるとすぐロビーがあります。
あんまり大きくなくて、くつろげる感じ。
e0080090_20434375.jpg

レストランはこんな感じ。天気がいいときは外でもランチ出来ます。
e0080090_20454528.jpg

そしてソムリエhaのセレクションは・・・。
トマトパスタには赤ワイン(ピエモンテ ドルチェット ダルバ)
きのこパスタには白ワイン(トレンティーノ アルトアルジェ ソーヴィニヨン)
e0080090_20463257.jpg

難しいことはよくわからないけど、美味しかった。
デザインホテルだし、アペリティーボもいい感じだと思います!
[PR]
by sorasaec | 2005-10-19 20:17 | gourmet/shop