暫定一位とうれしい知らせ

トリノレポートの続きです。3日目は、リヴォリ城というところに行ってきました。
e0080090_17344480.gif

トリノの中心からはバスで40分くらい。
一緒に行ったクリスさん(→http://wakwak.ksks.pupu.jp/)が、独特の嗅覚で偶然見つけた美術館なんですけど・・・。
これが、大当たり。
これまでイタリアで見た建物の中で、一番いいかもです。
フィリッポ・ユヴァッラ他多くの建築家が改修に参加したみたいです。
これ扉の取手です。1989年に改修が完成したんですね。
e0080090_17354110.gif

館内は撮影禁止だったので、残念ながら紹介出来ませんが・・・。
かなりの迫力の空間でした。
部屋のフレスコ画の保存状態も良かったです。「中国人の部屋」とか「レースの部屋」なんていうテーマのフレスコ画の部屋もあるんですよ。
肝心のアートも充実のコレクションでした。RICHARD LONGやGIUAEPPE PENONEなんかの人気作品もありましたよ!
こんなステキな中庭があります。
e0080090_17362473.gif

中庭に面して当然オシャレなカフェがあったりして。
見晴らし台にはなが〜いベンチが備えられている。アルプスの山が一望出来ます。
e0080090_17365434.gif

このベンチ、かなり快適なんですよ。角度のせいかな。ガラスの映り込みも相当きれいですよね。
良質な空間とアートで、心癒されること請け合いの美術館でした。今のところ、イタリアでベスト1です。
さて、今日はパートナーからうれしい知らせがありました。
ソラックの初新築物件で、建売シリーズNo.1である住宅が、竣工と同時に無事売約されたそうです。
というわけで、うれしさのあまり?パートナーもブログを始めたというので、良かったら覗いてみて下さい。→http://soratakac.exblog.jp/
住宅の写真も載ってます。
[PR]
by sorasaec | 2006-03-17 17:43 | art/exhibition


<< 正しいことをしよう! トリノの実力 >>